TOP  INDEX  

 長崎時津店 スターバックス巡り(スタバ巡り)

 店名;長崎時津店 住所:彼杵郡 時津町浦郷542-2 オープン:2022年3月31日
客席:店内45席、テラス10席 ドライブスルー店 特徴:港近くで交通が便利な店
営業時間、電話、地図、交通機関、Wi-Fiなどは、公式サイト(長崎時津店)から参照願います。  
(写真1) スターバックス・長崎時津店(左端がドライブスルー進入路、中央部が玄関、右側はテラス席植栽など)
 (写真2) 長崎時津店、左奥端側は玄関、次が陳列棚、奥のカウンターの左側が会計。右奥側がドライブスルーの窓口
 (写真3) 中央左は植栽 (右側方向にドライブスルーの窓口がある)  (写真4) テラス席植栽(手前側が玄関)
(写真5) 玄関、左側が入口 (右側方向にテラス席がある)
(写真6) 店内の掲示板
(写真7) 中央部は長テーブル、左奥は玄関、右端はカウンター 
(画像A) オープンハウス招待カードの一部 
(写真9) (業務用の)マストレーナー
 
(写真10) 絶賛販売中のコーヒー(袋)やカップなど
 上野が、この長崎時津店に最初に来たのは、2022年3月29日のオープンハウス(招待客へのお披露目)でした。当然、正式なオープン日である2022年3月31日も来ました。このスターバックス・長崎時津店は、(2022年6月現在)長崎県内に11店舗ある内で、最も新しいスタバ店です。

 ここの店員さんの何名かは、オープン前の数ヶ月間、私が、たまに行くスタバ諫早多良見店でも実習訓練されいたので、その数名の方と顔見知りになっていました。また、通常、新規オープン店の場合、1ヶ月間ほど県内外スタバ店からの応援者があります。

 その中にも、例えばスタバ長崎大村店長崎空港店諫早多良見店からベエラン店員さんも来ていて、「今日は応援に来とっと?」などの話も当然してました。

時津店へは輝く海を見ながら
 ここで、一旦スタバ長崎時津店紹介から離れて、道路の話を長々と(笑い)、書いていきます。私の地元 大村市から時津へ行く場合、(当然、有料ながら)長崎自動車道(高速道路)、バイパス経由が、時間短縮できて便利です。しかし、私は、既に急ぐ年齢でもない(笑い)ので、昔からある大村湾沿いの国道207号線で時津方面に行ってます。

 この道路は、海岸線から数十メートルの小高い所を何十回となくカーブして走行します。ただし、シーサイドコースと言うほど海の近くではありませんが、ずっと眼下にキラキラと輝く美しい大村湾(海)、緑濃き小島の数々、柔らかい曲線部の多い海岸線などが見えています。

 また、この国道の所どころには、展望の良い駐車スペースもあります。そして、ここから海を挟んで遠方ながら大村市側にある経ケ岳(きょうがだけ、1076m)郡岳(こおりだけ、826m)などの山並みが見えます。また、大村湾に浮かぶ臼島や長崎空港、さらに市街地なども一望できます。

 私には日常見えていない眺めでもあり、例えば「郡岳と長崎空港の位置や方角関係は、こんな感じだったのかあ?」と思わず見直す時もありました。安全運転走行ならば、お勧めコースといえます。

オープンハウスと正式開店日
 このスターバックス時津店では、2022年3月29日にオープンハウスがありました。私は元来、横文字に弱いし(笑い)、不動産用語では少し別の意味もあるようですが、スタバのオープンハウスの場合、(画像A)の招待チケット右側の内容=下記<>内の青文字を参照願います。

 <スターバックス時津店 2022年3月31日(木)グランドオープン オープンに先立ち、一足早く新しい店舗をご覧いただける「オープンハウス」にご招待いたします。 当日は、お好きなドリンク(トールサイズ)とともに店内で、ゆっくりお過ごし下さい。 皆様の起こしを心からお待ちしています。

 何事にも大雑把な性格の私の解釈では、正式オープンを前にした「招待客を中心とした内覧と、飲み物サービスの日」と適当に(笑い)理解しています。

 ただし、私は、このオープンハウスには縁があって、諫早多良見店についで2回目となりました。この日は、小雨が降る日でしたが、玄関前には招待客が並んでいました。そして、最初、ブラックエプロンの店長が笑顔で出迎えられました。

 あと、他店でも同様のことながら、店の内外も店員さんも、それはそれはピカピアで、初々しく、これからの発展や活躍を期待できる日でもあります。(店内外については、後の項目で詳細に書く予定)

・正式なオープン日
 上記の招待カードにあった通り、2022年3月31日がスターバックス長崎時津店正式オープン日でした。そのj時間前に店内では、報道各社の取材のためか、「これから頑張るぞ!」みたいな気合入れの明るく元気な声が外側にも響いてきて、大いに期待が持てました。

 この日も雨の日でしたが、08時00分のオープン時間前からテラス席周辺に十数人並んでいました。先の店長から挨拶があり、私達も店内入っていきました。足元が悪いにも関わらず、この日を待ちわびたお客さんなのか、続々と増えていった感じとなりました。

 私にとって、スタバの正式オープン日は、3回目で先に諫早多良見店別府公園店で経験済みでした。ただし、いくつかの個人的な失敗もあり(笑い)、今回はその教訓も生かして(笑い)、さっさと注文し席に着きました。少し落ち着いてから、店内散策してみました。(壁の絵や写真については後の項目に書く予定)

 カウンター上には、長崎大村店などにある従来型のエスプレッソ・マシーンのマストレーナーと違う新型の「マストレーナーU」が置いてありました。(写真9参照) ただ、この新型タイプは、県内では諫早駅店、あるいは九州各県の新しくできた店舗に既に設置済みです。このマシンは、使いやすくて店員さんにも好評と各店の方から聞きました。

 あと、このオープンは、当然本番の営業日ですから、自然と、お客さんや店員さんの動きに目がいきました。特に、この日まで他店で繰り返しの実地研修の成果か、店員さんの動線に無駄がなく、キビキビした流れでした。また、この時は、他店からの応援者や福岡のオフィスから来られた偉い方も来ておられました。

 その内の一人の女性の方は、抜群の記憶力といいますか、自分の管轄されている九州各店の状況を何でもキッチリ把握されているのには、驚きました。同時に、このような方々がスターバックスにいらっしゃるから発展しているのだなあと改めて思い直しました。また、どんな立派な店構えや店内仕様を良くしたとしても、それを生かしきれるか、どうか、結局は人そのものでしょうから、スターバックスは、優秀な人材が豊富な会社だなあとも実感しました。

空間と語らいが楽しめる店



  (この原稿は準備中。しばらく、お待ち下さい)


雰囲気の良い絵と写真



  (この原稿は準備中。しばらく、お待ち下さい)


海も見えるテラス席と九州をイメージした植栽

 

 (この原稿は準備中。しばらく、お待ち下さい)


関係ページ:
 ・スターバックス コーヒー ジャパン: Starbucks Coffee Japan
 ・スターバックス・長崎時津店(公式サイト)

初回掲載日:2022年6月13日、第二次掲載日:6月27日、第三次掲載日: 月 日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日: 月 日
はじめに スタバの歴史  スタバあれこれ スタバのグッズ 珈琲よもやま話

もくじページに戻る

TOP  INDEX  NEXT